FC2ブログ

撮影場所製作その2

CIMG6931.jpg
バラスト撒き終えてカラーパウダー撒きました。信号機は以前造った津川洋行の信号機。隣の箱は自作品です。
とりあえず完成です。

あとはレールを錆させたり背景になる斜面や建物など造れたらいいなぁと思ってます。
スポンサーサイト

撮影場所その1

来たる車両製造シーズンに向け落成した車両を試運転並びに撮影する場所を急遽製作したくなりました。
CIMG6928.jpg
レイアウトボードまで使う気合は無いのでお手軽に段ボールに敷設


CIMG6929.jpg
上げ底してバラスト代を経費節減

CIMG6930.jpg
信号ケーブルの溝と反対側にはバラスト崩れ防止の板を設置。

量産型ザク

急にガンプラを造りたくなったので144分の1量産型ザクを購入
CIMG6892.jpg
操縦士の絵がありますが人形はありません(笑)

CIMG6895.jpg
組立継ぎ目などを少し埋めて塗装して完成。
ザクマシンガンは砲口をバイスで開口してこだわりました。

CIMG6903.jpg
後ろ姿

CIMG6905.jpg
機動戦士ガンダム19話ランバ・ラル特攻!に出てくるザクを再現したく別売りの武器セットも購入。
ミサイルポッド付きのステッチ搭乗機風にします。

CIMG6927.jpg
ついでにザクバズーカも組立て記念撮影。

クモユニ143

先日長野総合車両センターに伺いました
PA080404.jpg
長野駅新幹線ホームから早速クモユニ143がお出迎え

PA080437.jpg
車庫があるところに床下探検と称して停まっていました。

PA080438.jpg
台車。DT33に見えるけどDT21です。

PA080440.jpg
車内を覗いてみたかったので念願がかないました。

PA080452.jpg
トイレの扉は銀色のようです。

PA080442.jpg

名鉄パノラマカーその4完成

ようやく先が見えてきた名鉄パノラマカー7000系7011F

CIMG6881.jpg
マスコンとブレーキ弁ハンドルを自作取り付け

CIMG6882.jpg
今回の目玉ミュージックホンを取り付け。

CIMG6883.jpg
試験点灯良好です。

CIMG6884.jpg
という訳で完成です。

CIMG6885.jpg
7012

CIMG6887.jpg
7011

CIMG6888.jpgCIMG6889.jpg
座席を塗り分けた甲斐がありました。

CIMG6891.jpg
自作のキャブインテリアもよく見えます。

[広告] VPS

こんな音がします。
音が鳴る車両を購入したのは学研のキハ58以来です(笑)

おしまい。

名鉄パノラマカーその3

CIMG6871.jpg
インレタを貼付クリアーを塗装しました。編成は7011Fです。

CIMG6873.jpg
次に座席。特急車にしてしまったため座席は二色塗りです(T^T)

CIMG6872.jpg
賽の河原で石を積むかのようなひたすらマスキング

CIMG6874.jpg
茶色を塗装

CIMG6875.jpg
枕カバーを塗装。

CIMG6876.jpg
ガラスのHゴムなどを塗装

CIMG6877.jpg
ハシゴ状の骨組みは裏からシール貼りです。

CIMG6879.jpg
座席を設置

CIMG6880.jpg
この製品は片軸駆動です。

おしらせ

ながらく放置していた『模型で見る京急車両』はある程度のデータ移管が終わりましたので閉鎖いたしました。
一目でもホームページをご覧くださった方々ありがとうございました。

名鉄パノラマカーその2

CIMG6867.jpg
4両編成なのでエアホース等を付けます。

CIMG6868.jpg
室内灯を点ける関係で内側から銀色を塗り遮光します。

CIMG6869.jpg
特急塗装なので白色から塗装。

CIMG6870.jpg
帯をマスキングして名鉄スカーレットを塗装。
換気扇のフィルターが真っ赤になりました(゚д゚|||)

1000形6次車

6次車
img116_20160927100441758.jpg
1971年から京急初の冷房として登場。136輌製造されたグループ。

外観上最大の変化は集中クーラーが搭載されている点であるがメカニズムも一新された。従
来のメーカーにより異なった電気品・台車などの機器が統一されたものとなった。車体は5次
車がベースになっているが、天井が平天井になり、天井に吹き出し口とサイクルファンが設置
されている。

1971年~1974年に製造されたグループ(1251~1290、1301~1328)

1971年製造分は6輌編成として付番され落成したが、8輌・2輌編成で運用を開始。翌年には2
輌編成に中間車を挿入し8輌編成となり改番された。

車体の特徴は

5次車に集中クーラーを搭載した形態。


img117_20160927100538a61.jpg
FRP製の通風器を使用。運転台上部の雨樋は「コの字」形

img118_20160927100540b75.jpg
側面表示は種別幕のみ。

M1c M2  M1  M2  M1  M2  M1 M2c 製造年 製造所 更新

1251-1252-1253-1254-1255-1256-1257-1258 1971  東急  1988

1259-1260-1261-1262-1263-1264-1265-1266 1971  東急  1989

1267-                     -1274 1971  東急  1989

   -1268-1269-1270-1271-1272-1273-    1972  東急  1989

1275-1276-1277-1278-1279-1280-1281-1282 1972  東急  1989・90

1283-1284-1285-1286-1287-1288-1289-1290 1972  川重  1990

M1c M2  M1 M2c 製造年 製造所 更新

1301-1302-1303-1304 1974   川重 1990

1305-1306-1307-1308 1974   川重 1989・90

1309-1310-1311-1312 1974   東急 1989・90

1313-1314-1315-1316 1974   東急 1991

1317-1318-1319-1320 1974   東急 1990

1321-1322-1323-1324 1974   東急 1991

1325-1326-1327-1328 1974   東急 1990

1976年~1978年に製造されたグループ
(1329~1348・1351~1380・1243~1250・1291~1298・1381-1382)

71年~74年までに製造されたグループに比べると次の変化があった。

77年製から側面行き先表示が両サイドに追加され種別、行き先が並ぶ形となった。なお1337
編成の中間車は77年製だが側面は種別幕のみ。

運転台上部の雨樋形状が「への字」形になった。
img119_2016092710054168b.jpg

M1c M2  M1  M2  M1  M2  M1 M2c 製造年 製造所 更新

1291-1292-1293-1294-1295-1296-1297-1298 1976  東急  1991

1243-1244-1245-1246-1247-1248-1249-1250 1978  東急 1993・94

M1c M2  M1  M2  M1 M2c 製造年 製造所 更新

1351-1352-1353-1354-1355-1356  1977  東急  1992

1357-1358-1359-1360-1361-1362  1977  東急 1992・94

1363-1364-1365-1366-1367-1368  1977  川重  1992

1369-1370-1371-1372-1373-1374  1978  東急  1993

1375-1376-1377-1378-1379-1380  1977  川重 1993・94

M1c M2  M1 M2c 製造年 製造所 更新

1329-1330-1331-1332 1976   東急  1991

1337-       -1340 1976   川重  1992

   -1338-1339-    1977   川重  1992

1341-1342-1342-1344 1977   東急  1992

1345-1346-1347-1348 1978   東急  1993

M1c M2c

1079-1080→1381-1382 1978  東急  1993  1079編成は2003年に改番



更新
4597491_1511857791_170large.jpg
1988年~1994年にかけ、全車の車体更新が実施された。各部が見直された。

側面行き先表示が未整備の車輌には、これを追加した。

表示機の字幕は黒幕になり光センサー式になった。

ワイパーが平行拭きに統一されウインドウォッシャが追加された。

屋根上通風器が撤去された。

更新途中より、屋根の仕上げが塗り屋根に変更された。

前期の車輌は運転台上部の雨樋が「への字」形に変更された。





プロフィール

マーボー堂

Author:マーボー堂
ようこそいらっしゃいました。
暇さえあれば模型を製作しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード