FC2ブログ

デハ600形

デハ600形
img039.jpg
昭和31年京急初のカルダン駆動電気制動を備えたクロスシート車として700形が登場した。


使用電気製品から東洋製はデハ700形・750形、三菱製はデハ730形・780形と分けられてい
た。台車は東急車輌製TS-303(4次車以降TS-310)。川崎車輌製はOK-18である。

img043.jpg
昭和40年NCB-6自動密着連結器交換改造工事・4両固定編成化改造工事も計画されたため2
両編成を2本組み合わせの仮の4両編成ができた。連結器設置高さの変更からアンチクライマ
ーの一部が切り取られた。このうち786(632)は昭和39年10月10日の横浜駅追突事故車でア
ンチクライマーが他車とは異なっていた。NCB-6連結器には電気連結機能が無いため新たに
ジャンパ栓を設け品川方にジャンパ栓受けが新設された。
昭和41年4月19日に昭和40年12月の吊り掛け駆動形式の番号が整理され旧600形が400番台
になり、700形は空番となっていた600番台に改番され600形になった。改番は4両貫通固定化
を前提に行われ601~640の連続番号となった。東洋・東急製601~620、三菱・川車製621~
640の順で付番されている。
昭和41年~昭和43年にかけ4両貫通固定化工事が施工された。実際は6両固定編成3本、4両
固定編成4本、2両固定編成3本となっていた。あわせて前照灯のシールドビーム改造、方向幕
の設置が行われた。貫通化改造を受けた連結面は運転設備の撤去、側面小窓、妻面窓を新
設した。雨樋は既存連結面も含めて縦樋が露出形状になり妻面に設置された。

img044.jpg
600形未更新前パンタ時代

昭和46年~昭和47年冷房化・更新工事が施工された。


1000形・700形で採用されていたFRP製幅狭通風器を設けた。パンタグラフはM1系車北寄り連
結妻面に移設、先頭車に誘導無線アンテナが設置された。


冷房形式は試作要素もありパンタグラフを有するM1系車は屋根上集中式、M2系車には床下
集中式と屋根上分散式の3種類が採用された。床下集中冷房車は一見すると屋根上がFRPの
通風器だけのため非冷房車に見える。側面車番表記がダクトの関係で若干北側(品川)にず
れている。冷房効率が他の2方式にくらべ低いのと風の吹き出し口位置が悪かったなどあまり
評判が良くなかったため4両のみで他車には波及しなかった。

img045.jpg
更新・冷改後637

600形更新冷房化編成表


M1c M2 M1 M2  M1 M2c
637-638-631-630-639-640 昭和46年6月30日

613-614-615-618-619-620 昭和46年12月24日

621-622-611-610-623-624 昭和47年4月24日


M1c M2 M1 M2c
601-602-603-604 昭和46年9月14日 

625-626-627-628 昭和46年11月4日

605-606-607-608 昭和47年3月4日

633-634-635-636 昭和47年6月1日

M1c M2c

609-612 昭和47年7月1日

629-632 昭和46年7月26日

617-616 昭和47年6月15日


昭和52年8月に編成替えが実施された。

613-614-615-618-619-620            637-638-631-630-639-640

621-622-611-610-623-624            629-632


        ↓                           ↓


613-614-615-618-611-610-619-620      637-638-639-640

621-622-623-624                   629-630-631-632


昭和53年7月に編成替えが実施された。


613-614-615-618-611-610-619-630

609-612

617-616
        ↓

609-610-611-612

613-614-615-616

617-618-619-620

昭和55年から前面ガラスに遮光フィルムが貼り付けられた。

昭和57年2000形が竣功しいよいよ置換え時期が迫る。

昭和59年2000形8両2本の竣功と入れ替わりに同数の4両固定4本16両が廃車となった。601~
604・605~608・629~632・637~640の編成だった。601号は逗子第一運動公園に展示され、
605-608号の2両は前面貫通化室内ロングシート化などの工事を受け1070形として高松琴平
電鉄に向かった。

img048.jpg
601号は逗子第一運動公園に展示

img049.jpg
高松琴平電鉄で活躍する1070形

img050.jpg
TS-303(TS-310)台車

img051.jpg
OK-18台車

img052.jpg
貫通固定化j時の改造で運転台撤去跡には小窓が付いた。
また雨樋が外に露出する形で取り付けられた。

img053.jpg
画像上の619東洋・東急製の抵抗器は手前にある。

img054.jpg
画像下の629三菱・川車製の抵抗器は奥の方にある。

img056.jpg
パンタ付きM1系車は屋根上集中式冷房機だった。


img057.jpg
パンタなしM2系車の屋根上分散式冷房機。

img058.jpg
パンタなしM2系車の冷房機床下集中式のもの。床下からのダクトの関係で側面車番表記が微妙に品川方にずれている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーボー堂

Author:マーボー堂
ようこそいらっしゃいました。
暇さえあれば模型を製作しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード