FC2ブログ

1000形1次車

デハ1000形
img083 (2)

都営浅草線相互直通車輌として、昭和34年/1959年から昭和53年/1978年まで352輌が製造さ
れ、昭和40年に1000形試作車の旧800形4輌を編入し総数356輌を数えるに至った。今日の京
急を語る上で欠くことのできない名車である。3扉ロングシートの汎用車で、快特から普通まで
幅広い運用をこなした。昭和43年度製までは東洋と三菱の競作、昭和46年度からは共通設
計、台車は競作時代は川車製がOK-18系、東急製がTS-310系。共通設計車がTH-1000T。

正面2枚窓の非貫通から貫通扉付き正面変更された以外、外観が大幅に変わることは無かっ
た。長期にわたって製造されたため、製造年次による非貫通車の貫通路新設改造や更新、冷
房改造など多種多様の工事が施工された。

デハ1000形は外観上大きく分けると2タイプに分類できる。旧800形の4輌を含む昭和43年ま
でに製造された220輌と昭和46年~昭和53年までに製造された新製冷房車136輌に分けられ
る。ここでは1000形試作の旧800形から1次車、新製冷房車の136輌をまとめて6次車として話
を進めたいと思う。

1次車
img085.jpg
登場当時800形を名乗った都心乗入試作車グループ。前面は流線型の非貫通2枚窓。前照灯
は大形セミシールドビーム。標識灯はアンチクライマー直上の低い位置に取り付けパンタグラ
フはM1c車浦賀よりの前パン。車体幅は量産車より80mm狭い。

昭和40年10月車番体系の整理のため1095~1098に改番。

昭和41年3月主電動機を1000形と同じTDK-815に換装。前照灯をシールドビーム化、NCB連
結器に交換、連結器交換に際し電気連結器解放栓受けを設置する必要から標識灯は白帯の
直ぐ下まで上げられ、方向板掛けと運行番号差しも移設。依然前パンタのまま。

昭和42年9月正面方向幕と側面種別表示器を設置。

昭和48年貫通化工事を施工。都営乗入対応車となり、列車無線、保安ブレーキを取り付け。
換気装置がサイクルファン及び排気扇になる。アンテナ取り付けによりパンタグラフが連結面
寄りに移設された。

昭和63年1月に廃車。4輌とも貨車に部品を提供している。

M1c M2c  製造年月

(801)-(851)

1095-1096  1958年6月

(802)-(852)

1097-1098  1958年6月 川車・東洋製
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーボー堂

Author:マーボー堂
ようこそいらっしゃいました。
暇さえあれば模型を製作しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード